埼玉県の和光市成増駅の歯科医院メリー歯科

ブリッジによる治療

ブリッジによる治療

ブリッジとは、歯の抜けた部分を両脇の歯をつないで橋渡しする治療法のことです。通常セメントで固定しますので、取り外しは出来ません。
保険適用なので、ポピュラーな治療法として用いられています。

ブリッジによる治療とは?

失ってしまった歯の両隣の健康な歯を削って、かぶせ物をします。当然、支えになる歯には大きな負担がかかります。また、ブリッジ自体は虫歯になることはありませんが、ブリッジと歯のつなぎ目部分や歯の根との境目に汚れが溜まりやすく、そこから新たな虫歯が出来やすいといった問題を抱えています。そのため、ブリッジを長持ちさせるためには、ブリッジとそれを支えている歯のつなぎ目や、ダミーの歯の下をしっかりお手入れすることがとても重要です。
なくなった歯が1~2本の場合、ブリッジがもっとも一般的です。しかし、ブリッジを入れるためには、すべての歯を平行に削らなければならないため、歯が傾いていると神経を取ったり、矯正をしたりする必要が生じることがあります。
ブリッジによる治療例
ブリッジによる治療例

歯ブラシでの清掃(ブジッリのお手入れ)

歯ブラシで磨くときは、ブリッジの表面だけを清掃するのではなく、支えとなっている歯とダミーの歯の境目に、歯ブラシの毛先をちょうど爪楊枝を入れるような感覚で入れた方がいいでしょう。そのとき、歯ブラシを強く横に動かすと、歯ぐきを傷つけてしまいますから、歯ブラシを弱い力で細かく振動させてください。
磨くときは、汚れをかき出すイメージではなく、汚れを浮き上がらせるイメージで清掃すると、きれいにお手入れができるかと思います。
また、歯間ブラシなども併用すると、より効果的にお手入れができますが、正しい使い方をしないと効果も半減してしまいますので、歯科医院の歯磨き指導を受けるといいでしょう。
メリー歯科でも、歯磨き指導を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
ブラッシング例
ブラッシング例

ブリッジによる治療法のメリット

ブリッジは固定式なので、取り外したり、装置を洗ったりする手間はありません。
しっかりと両隣の歯に固定されているために、モノを食べる際にも、違和感なく、美味しく食べることができます。
保険適用なので、治療費の負担は少なくなります。
ブリッジによる治療例2
ブリッジによる治療例2

ブリッジによる治療法のデメリット

支える歯に負担が大きすぎて、支える歯がダメになってしまうことがあります。
一番奥の歯が抜けてしまうと支える歯がないので、この治療はできません。
ブリッジを支える歯に負担がかかりすぎて、歯周病になってしまうことが多くなります。

診療時間 午前9:00~13:00、午後14:00~19:00 TEL 048-466-8143 休診日:木曜、日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © メリー歯科 All Rights Reserved.