埼玉県の和光市成増駅の歯科医院メリー歯科

虫歯の進行度について

虫歯の進行度について

むし歯と言っても、たくさんの症状があり、症状や段階によって治療方法も異なります。
虫歯はC0~C4といった段階であらわされます。Cとは英語のカリエスの略で、虫歯のことを指します。数字が大きくなるほど、虫歯が進んでいることを表します。早めのケアが大切です。

< C0 >

自覚症状はほとんどありません。定期検診で見つかることがあります。もちろん早期発見・治療が第一です。
この段階では出来るだけ削ったりせず、丁寧な歯磨きやフッ素で再石灰化を進めることによって、むし歯の進行を食い止めるだけでなく、治すこともできます。

< C1 >

黒い着色や白い斑点で始まりますが、この段階でも自分で発見するのは難しいです。舌で触るとザラザラする感じです。

090902001.jpg

< C2 >

C1の段階でエナメル質内にとどまっていた虫歯が、象牙質にまで進行してしまいます。冷たいものが歯に染みるなど、自覚症状が出てくるのはこの段階以降です。
090902002.jpg

< C3 >

虫歯が神経の近くまで進むと、冷たいものよりむしろ熱いものが染みるようになります。やがて神経内の圧が高くなり、神経が圧迫されてズキズキ痛むこともあります。顎の骨まで病気になってしまうことも・・・。
090902003.jpg

< C4 >

神経は死んでしまい、歯の根元に膿が溜まってしまいます。また、ボロボロになった歯根だけが残ります。この段階になると治療も難しくなり、歯を失う場合もあります。
090902004.jpg

C1・C2は、虫歯でおかされている所を削って詰めるだけなので、1~2回で終わります。ただ、痛くなってからでは、C3まで進んでいる場合が多く、神経を取る治療が必要になり回数も余計にかかります。
C4では、歯を抜かなければならない場合も多くなります。

メリー歯科では、なるべく歯を抜かない治療を心がけておりますが、早めの受診にも是非ご協力ください。

診療時間 午前9:00~13:00、午後14:00~19:00 TEL 048-466-8143 休診日:木曜、日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © メリー歯科 All Rights Reserved.