埼玉県の和光市成増駅の歯科医院メリー歯科

小児歯科

お子様の治療に当たって

子供の歯を守る最適な方法とは?

子供の歯にとって一番大切なことは、治療しないで済ませることです。
子供のときの歯の治療は精神的にかなりの負担になることもあります。この時期にイヤな思いをすると、歯医者さんがきらいになり治療ができなくなったりもします。これは、大人になってからも続くことがあり、人によっては歯の病気になっても歯科医院に通わないために、さらに深刻な事態を招いてしまうこともあります。
そうならないためにも、子供のときから定期的な検診と定期的なフッ素塗布をして、虫歯を作らないように、しっかりと管理してあげるのが子供にとって一番大切なことといえるでしょう。
メリー歯科では、定期健診、フッ素塗布、シーラント(歯の溝の虫歯ができやすい部分をふさぐ方法)も行っていますので、虫歯のないお子様もお気軽にご来院ください。

子供のときから、大人になるまで、きれいな歯を保つには、どうすればいいのですか?

大人になってから、長い間、強いきれいな歯を保つためには、子供のときのケアが非常に大切です。特に食生活を中心とした生活リズムの乱れは、お口の健康に大きな影響をおよぼします。たくさんの虫歯や噛む力の未発達は、結果として大人になってからの顔の表情に影響を与えてしまうこともあります。
子供のときの歯のケアには、親の理解と協力がとても大切なので、メリー歯科では、ご家族と一緒に治療に当たるように心がけています。

診療時間 午前9:00~13:00、午後14:00~19:00 TEL 048-466-8143 休診日:木曜、日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © メリー歯科 All Rights Reserved.